【日々波風】<新潟原発避難いじめ>市教委が謝罪 担任「親しみ込めた」

標準

<新潟原発避難いじめ>市教委が謝罪 担任「親しみ込めた」
毎日新聞 12/2(金) 21:42配信
■Yahooニュース転載
======================

新潟市教育委員会は2日、福島県から自主避難してきた同市立小4年の男子児童が、同級生や40代男性の担任教諭から名前に「菌」をつけて呼ばれるなどのいじめを受け、1週間以上学校を休んでいると発表した。男児は先月、担任に相談していたが、直後に担任からも「菌」づけで呼ばれ、強いショックを受けたという。

市教委の高島徹教育次長は記者会見で「他の児童も同様に『キン』をつけて呼ばれており、原発事故と直接結びついていないが、いじめと捉えている。担任の言動は児童の心を傷付ける不適切なもので、児童と保護者に深くおわびする」と陳謝した。

市教委によると、男児は東京電力福島第1原発事故を受けて家族と避難し、新入生として入学した。3年の時から仲間はずれにされたり、からかわれたりし、今年になっても持ち物を捨てられるなどのいじめがあったという。

男児は今年6月、「ばい菌扱いされている」と担任に相談。担任は、いじめた児童らを指導し、落ち着いたとみていたという。横浜市立中学で福島県から避難してきた生徒が「菌」をつけて呼ばれた問題が報道されるようになり、11月17日、児童は再びいじめについて担任に相談した。だが、同22日の昼休み、教室で担任から連絡帳を受け取る際、同級生の前で名前に「菌」をつけて呼ばれた。保護者に「もう学校に行けない。担任と会いたくない」と話したという。

保護者の指摘を受け、同校は同29日、児童らに聞き取り調査。複数の児童が担任による「菌」づけ発言があったと話し、担任も認めた。市教委によると、このクラスでは映画などの登場人物にかけて名前の後に「キン」をつけて呼ぶことが流行していたといい、担任は「菌の意味ではなく親しみを込めた発言だった」と釈明。「児童に謝罪したい」と話しているという。2日の授業は別の教諭に担当させた。【柳沢亮】

============
何が「親しみ込めた」だ!
教師がイジメを助長している。
本当に腹立たしい。
先日の横浜のイジメしかり、被災者という弱者に対してイジメをするなんて、日本人のモラルや正義はどうなってるんだ。

【日々波風】いじめ過去最多

標準
DSC_0074

DSC_0074

先ほどTBSのNEWS23でいじめの特集をやってた。

本当に何とかしたい。

イジメを無くす事は、難しい事かもしれないけど、イジメはいけないことだと強く言い続ける。イジメと戦ってやると改めて強く思った。

【日々波風】黒石市長、中2女子遺族に謝罪/写真は展示へ

標準

黒石市長、中2女子遺族に謝罪/写真は展示へ

Web東奥 10月20日(木)22時46分配信

■Yahooニュース転載
======================

 今夏の黒石よされ写真コンテストで、主催者側が一度は最高賞の黒石市長賞に内定した作品を、自殺した青森市の浪岡中学校2年葛西りまさん(13)が被写体だとの理由で内定を取り消した問題で、高樋憲黒石市長らは20日、りまさんの遺族に一連の対応を謝罪した。
高樋市長ら黒石よされ実行委員会の4人が自宅を訪問、面会は非公開で行われた。市長らは、父剛さん(38)ら遺族5人に「今回の不手際に関して心からおわび申しあげます」と陳謝したという。
面談後、取材に応じた市長によると、撮影者の50代男性は市長賞受賞を辞退しており、市長らは謝罪後、遺族にあらためて受賞を打診。遺族は提案を受け入れ、11月に黒石市内で開かれる黒石りんごまつりで遺族提供として展示することを承諾した。
剛さんは取材に「最初からきちんと経緯を説明してくれれば良かった。いじめをなくしたいという思いを市長も受け止めてくれた。今後は一緒にいじめ撲滅に取り組んでいきたい」と語った。
また、写真展示については「(娘は)いじめられていた中でも一生懸命生きていた。いじめの残酷さを知ってほしく、多くの人に見てもらいたい」と話した。写真は後日、黒石観光協会のホームページでも公開されるという。

==================

先日ここで書いた青森の中2自殺の続報。

市長賞の内定をもらってて、被写体が自殺者と分かってから『不適切』との判断で内定取り消し。『不適切』ってなんだ?どういう判断だ?説明してみろよ!と思ってたが、やはりこういう事は波風が立つもの。市長らは騒動を受けて謝罪。騒ぎが大きくならなかったら謝罪なしだったの?思うところはある。

この騒動のおかげで全国にその写真が何度も公開された。本当に素敵な写真。葛西りまさんの死を無駄になってないよ。イジメられてる人のためになってる。素敵な笑顔を守れなかった事が悔しい。

【日々波風】「金正恩を裁け!」狭まる北朝鮮人権非難国際包囲網

標準

「金正恩を裁け!」 狭まる北朝鮮人権非難国際包囲網

金正恩委員長の首に5千万ドルの懸賞金をかけ指名手配したビラ

インターネット上で金正恩委員長を国際刑事裁判所(ICC)に回付するよう国連安保理に求める請願運動が展開されている。ICCは個人の国際犯罪を裁く常設の国際裁判所である。

国連安保理への請願運動を展開しているのは、スイス・ジュネーブに本部を置く非政府機構「国連ウォッチ」で、このNGOは金委員長をICCに回付する理由について政治犯収容所に多くの人が送り込まれていること、拷問と飢餓で亡くなっていることなどを指摘し、無辜の被害者の人権のため国連安保理が行動するよう促している。

(参考資料:国連安保理は金正恩委員長を制裁対象者に指定できるか

「国連ウォッチ」は北朝鮮で行われている人権蹂躙の深刻性の規模は「世界で類を見ない酷いレベルにある」と結論づけた2014年の国連人権調査委員会(COI)の報告書について喚起しているが、COIの報告書は「北朝鮮の人権蹂躙が国家政策に根拠を置いた反人道的犯罪にあたり、その責任は北朝鮮の全ての機関と最高指導者の金正恩委員長にも及ぶ」と結論づけている。

「国連ウォッチ」は1か月前に、世界的インターネットオンライン請願サイトである「チェインジ・ドットアルジ」を通じて今回の請願キャンペーンを展開しているが、国連安保理に対して「北朝鮮の人権蹂躙にこれ以上沈黙すべきではない」として、金委員長をICCに回付し、「苦痛を受けている北朝鮮の人々を保護すべきである」と要請している。

金委員長個人をICCに回付する声が上がったのは2014年2月からで、カンボジアのポルポト政権の人権侵害を調査したマイケル・ガービ前COI委員長が最終報告書で「北朝鮮の人権侵害は人類普遍的価値に反する人道犯罪である」と規定したうえで「金委員長もその責任対象から例外でない」と発言したことからクローズアップされ始めた。ICCはこれまで今後民主共和国、ラワンダ、中央アフリカ、スーダンなどアフリカの人種提訴や虐殺で責任者を起訴してきた。

北朝鮮の人権問題では国連人権理事会が2014年から今年3月まで3年連続で安保理が北朝鮮の人権状況をICCに回付することを求める決議案を採択しており、国連総会も2014年、2015年と連続して同様の決議案を採択している。

昨年の国連総会での決議案は賛成119票、反対19票、棄権48票で可決されている。反対票を投じた19か国はアルジェリア、ベラルーシ、ボリビア、ブルンジ、中国、キューバ、エジプト、イラン、ラオス、ミャンマー、オマーン、ロシア、スーダン、シリア、ウズベキスタン、ベネズエラ、ベトナム、ジンバブウエ、北朝鮮。

今年も近く開かれる国連総会第3委員会で日本や欧州連合(EU)が主導する北朝鮮人権非難決議案が可決されれば、12月の国連総会に上程され、採択される見込みだ。今年の決議案の草案にも昨年同様に北朝鮮の人権状況をICCに回付し、その責任者を処罰することを安保理に付託する内容が含まれているようだ。

責任者の名前や制裁対象者については明らかにされてないが、2010年に任命され、今年7月に任期満了となったマルズキ・ダルスマン北朝鮮人権問題担当国連特別報告官が今年1月22日、「北朝鮮の人権侵害では金正恩委員長に対する刑事責任追及が必要である」と語っていたことや米国が今年7月に金委員長を人権抑圧者として制裁対象に指定していたことから金委員長が含まれるのは確実とみられている。

しかし、これまで国連総会で決議案が採択されても、中露両国の反対にあって安保理では北朝鮮の人権状況をICCに回付する問題を含め北朝鮮政府に人権侵害の責任を問うことについて具体的に討議されることはなかった。

そうしたことから昨年11月から北朝鮮人権NGOなどを中心にICC提訴の代案として国連特別裁判所の設置などを求めて声が上がっている。安保理の決議は必要とせず、国連総会の決議による設置が可能となるからだ。特別裁判所は被告人である北朝鮮当局者が欠席しても、欠席裁判が可能で、実名を挙げて裁くことが可能である。

北朝鮮はこうした動きに敏感に反発し、北朝鮮外務省は7日、「ICCに回付にすべきは米国である」とするスポークスマン談話を発表している。

==========

国のトップとして、国民を大切にするべきだ。今の指導者は、お父さんを見て育ったのだろうけど、お父さんよりもイッてる感じ。国民を力や恐怖で動かすんじゃなく、指導者として尊敬されないといけない。

いつか国民も爆発するんじゃないか。波風立てろ!!

【日々波風】いじめ対策「自治体で格差」=中2自殺5年で父親会見―大津

標準

いじめ対策「自治体で格差」=中2自殺5年で父親会見―大津
時事通信 10月11日(火)18時5分配信
■yahooニュース転載
=============

いじめを受けていた大津市立中学2年の男子生徒=当時(13)=が自殺してから5年となる11日、生徒の父親(51)や越直美市長が同市役所で記者会見した。

父親は「いじめ防止対策推進法の趣旨を正しく理解し、運用できている自治体とそうでない自治体との格差が広がっている」と述べ、法に欠陥があるとして改正の必要性を訴えた。

父親は「いじめがどのような行為を指すのか分かっていない学校関係者が多い」と指摘。「冷やかしやからかいでも自殺に追い込まれると認識していない関係者も存在する」と話し、教育現場での意識向上を求めた。

さらに「いじめ防止対策推進法は、息子が命懸けで今生きている子どもたちを救おうと作ってくれた。命を守る法律になるまで見届ける使命がある」と強調。「生徒や教員が入れ替わる中で問題意識が薄れ、対策が形骸化することを繰り返してきた」と危機感を示し、「いじめはいつでもどこでも起きる。アンテナを高く立て、子どもの行動の変化に注意する必要がある」と訴えた。

会見に先立ち、越市長は市役所で黙とうし、会見では「事件を忘れず、いじめ対策を続けることが、宿命であり責務だと考える」と語った。

===============

自殺した中学2年生の為にも、二度と起こしてはならない。教育現場や行政だけでなく、大人も子供も、みんな問題意識を持たないといけない。

イジメはいけない事とみんな知ってるのに、無くならない。たった一人が勇気をもって行動すればいいのに。一人で悩まず、声をあげろ!!

【日々波風】<電通新入社員>「体も心もズタズタ」…クリスマスに命絶つ

標準

<電通新入社員>「体も心もズタズタ」…クリスマスに命絶つ
毎日新聞 10月7日(金)21時44分配信

yohooニュース転載
=============
「仕事も人生も、とてもつらい。今までありがとう」--。昨年のクリスマスの早朝、東京で1人暮らしの高橋まつりさんから静岡県に住む母幸美さん(53)にメールが届いた。あわてて電話し「死んではだめよ」と話しかけると、「うん、うん」と力ない返事があった。数時間後、高橋さんは自ら命を絶った。

高橋さんが中学生の時に両親が離婚。「お母さんを楽にしてあげたい」と猛勉強して東京大に入り、電通に入社した。だが高橋さんのSNSの書き込みは昨年10月以降、「体も心もズタズタ」「眠りたい以外の感情を失った」などと深刻になった。「君の残業時間の20時間は会社にとって無駄」などと上司からパワハラ発言を繰り返されていた様子も書かれていたという。

政府が7日公表した初めての過労死白書は、「過労死ライン」とされる月80時間超の時間外労働をしている企業が2割あると指摘した。幸美さんは7日に都内で記者会見し「娘が生きているうちに対策をしてくれなかったのかという思いでいっぱい」と無念さをあらわにした。

電通は先月23日、ネット広告を契約通りに流さず、広告主に過大請求していた問題を公表している。高橋さんが所属していたダイレクトマーケティング・ビジネス局もこの問題に関わっていたという。【早川健人】

◆相談窓口

相談窓口 ~ 一人で悩むより、まず相談を。~

http://www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/link/soudan.html

こころの健康相談統一ダイヤル

0570-064-556=相談対応曜日・時間は都道府県によって異なる

自殺予防いのちの電話

0120-783-556=毎月10日午前8時~11日午前8時にフリーダイヤルの電話相談。全国のいのちの電話はこちら(http://www.find-j.jp/zenkoku.html)

東京自殺防止センター(NPO法人国際ビフレンダーズ東京自殺防止センター)

03-5286-9090=年中無休、午後8時~午前6時(毎週火曜日は午後5時~午前6時)
==============
誰もが知ってるような東証1部企業の電通。
そこでこんなくだらないパワハラ:イジメが行われている。
民事だろうから、そのパワハラ低俗上司は逮捕される事は無いんだろう。
そして名前も公表されない。
パワハラやイジメに対する罰則をもっと厳しくしても良いと思う。

自殺した高橋さんはまだ24才。
この先まだまだ明るい未来があったはず。
本当に許せない。

相談窓口もたくさんあります。
死んだら終わりだよ。
もっと声を上げて下さい。

【日々波風】インドの教員、カースト下層の男性を「斬首」 警察当局

標準

インドの教員、カースト下層の男性を「斬首」 警察当局
AFP=時事 10月7日(金)21時55分配信
■yahooニュース転載
=================
【AFP=時事】インド北部ウッタラカンド(Uttarakhand)州で、身分制度カーストの最下層ダリット(Dalit)の男性が製粉機を使ったことに腹を立てた教員が、口論の末、ダリットの男性を斬首した。警察当局が7日、述べた。インドではダリットの人たちへの攻撃が後を絶たない。

PTI通信(Press Trust of India)によると、容疑者の教員は、ダリットのソハン・ラムさん(35)が製粉機を使ったことに腹を立て、製粉機を「不浄」にしたと非難したという。

インドでは「不可触民」という考えが違法化されているものの、今でも一部のヒンズー教徒は、下層カーストの人との接触が不浄をもたらすと信じている。

警察本部長のスクビル・シン(Sukhbir Singh)氏はAFPに「ソハン・ラムさんは製粉機を使ったことによりののしられ、それに抗議したところ、鎌で襲われた」と語り、「容疑者を逮捕した」と述べた。

インドに深く根付いた社会階層の中で、かつて「不可触民」と呼ばれたダリットは、今も単純労働を担わされていることが多い。

ダリットの人々は人口の16.6%、約2億人いるが、カーストによる差別が禁止されてから60年が過ぎた今でも迫害は続いている。【翻訳編集】 AFPBB News
===============

このような差別が大嫌いだ。
カースト制度なんて昔に終わってる。
上記に違法だとも書いてある。

そんな差別をしているのが教員だぞ。
しかも「斬首」
教員は聖職であるべきだ。
子供たちに何を教えられる。

ヒンズー教ってそんなに武闘派なの?
法律も破って人を殺せという教えなの?
ヒンズー教にも泥を塗ってるようなもんだ。

こんなことが有ってたまるか。